守口市長 にしばた勝樹 オフィシャルサイト
プロフィール 過去の実績 政策 行政コストの削減

・公共施設の見直し、未利用地の売り払い

・市長の給与の30%カット・退職金の50%カット
・生活保護不正受給対策(適正化専用ダイヤルの設置、警察OB職員の増員など)
・人件費等削減効果約43億円

・国民健康保険事業会計約22億円の赤字を解消

もりぐち改革ビジョン(案)に基づく改革

・行財政改革のプロジェクトチームの立ち上げ→もりぐち改革ビジョン(案)の策定
・積極的な官から民への推進(ごみ収集業務、保育所給食調理業務、学校・幼稚園施設管理業務など)

・事務事業の見直し(国保収納推進員の廃止、校門のオートロック機械警備など)

・実質収支の黒字堅持

・国会会計の健全化による連結実質赤字比率の解消

・大幅な施設の見直し(市民会館・青少年センター・現代南画美術館の廃止など)

行政サービスの拡大

・総合窓口課の設置

・情報コーナーの設置

・広報紙のリニューアル(A4版冊子型)
・市公式「facebook」の導入

協働によるまちづくり

・市民協働指針の策定

・地域コミュニティ拠点施設の整備推進(東部エリア・平成29年オープン)
・学校法人大阪国際学園との包括連携協定の締結

広く開かれた議会・委員会の運営

・議会活性化特別委員会の議論をもとに、インターネットで本会議の様子を公開

学校教育の環境整備

・小・中学校校舎の耐震化(耐震化率H23:34.9%→H27:100%)
・中学校給食の実施(H25から順次実施)

・学校規模適正化を踏まえて統合校(楠風中学校)・小中一貫校(さつき学園)の整備
・登下校安心メール機器の設備
・空調設備の整備(全ての小・中学校)

きめ細やかな教育の推進

・小中一貫教育の推進

・いじめホットラインの開設

・ICT支援員の配置

・図書館司書の資格を持つ学校図書担当職員の配置

・英語教育支援員の派遣

子育て環境の充実

・妊婦健診助成の拡大(H23:49,000円(1回あたり3,500円)→H26:91,000円(一回あたり65,00円)
・母子高等技能訓練促進費等の支給

・全ての公立保育所への空調設備の整備

・待機児童の解消に向けた整備(寺方・南保育所の統合、民間保育園の建替支援)

防災対策の充実

・災害対策本部となる市庁舎の整備の推進

・被災者支援システムの導入

・防災行政無線の設置箇所の拡大(H23:9基→H26:64基)
・長寿命化計画に基づく改修(道路、橋りょう、公園、市営住宅)

地域の防災力の向上

・消防団整備の充実(全消防車両の更新)

・防犯カメラの設備促進(H23:29台→H26:43台)
・LED化の推進(道路灯、歩行路灯、商店街街路灯、地域の防犯灯)
・自主防災組織の結成促進H23:160団体→H26:159団体(町会等の合併等によるもの。団体数は毎年増)
・防災協力事業者登録制度の創設

大枝公園の再整備

・スポーツ施設の整備等に加え、防災公園としての機能も備えた「スポーツ・防災公園」としての再整備

地域福祉の充実

・安否確認ホットラインの開設

・障害者基幹相談支援センターの設置

・高齢者地域就業促進事業の実施(大阪府緊急雇用創出基金の活用)

健康づくりの推進

・介護予防運動教室の充実(リーダー育成コースの創設、平日夜間・土日開催を充実)

・医療・保険・福祉に関する情報コーナーを設置(保険センター1階)

京阪守口市駅前の活性化

・道路休憩施設(駅前ステージ)の整備
・バスロケーションシステム導入の補助
・エフエムもりぐちのサテライトスタジオ設置(文化センター1階)

中小企業支援

・各種補助の実施(展示商談会出展料、MOBIO常設展示場への出展料)
・大阪府制度融資に係る信用保証料の補給の拡充

国際理解の推進

・ニューウエストミンスター市への親善訪問団の派遣(姉妹都市提携50周年記念)

・市内各公共施設における国旗の常時掲揚


Copyright © Katsuki Nishibata nishibata.info. All Rights Reserved